うつ病のような傾向があるなら一度診断を受けるべし【症状とは】

うつ病かもと思ったら

メンズ

うつ病の症状と病院へ行くべきタイミング

忙しい毎日を送るうちに知らず知らずのうちに蓄積された疲れは、うつ病の大きな原因となります。診断や治療が遅れるとそれだけ回復にも時間がかかるので、うつ病の症状についての知識を身に付け、正しいタイミングで受診するようにしましょう。うつ病の症状は心と体の両方にあらわれます。精神面においてよく見られるのが抑うつ気分と意欲の低下です。気分が落ち込み悲しい気持ちが続き、何の希望もないように思えて心が晴れない状態になります。今まで好きだったことや興味があったことにも関心がわかない、仕事や家事の能率が落ちるなども良く見られる症状です。体にもさまざまな症状があらわれます。眠れなかったり、食欲が出なかったりといった代表的な症状以外にも、関節の痛みや便秘、発汗など、一見うつ病と関係ないと思われるような症状もあらわれることもあります。体にあらわれる症状は比較的分かりやすいものですが、多くの人がうつ病の自覚がなく、体の病気なのではと考えて内科を受診し、診断や治療が遅れることが多いようです。なかには耳鳴りが気になって病院に行ったけれど、異常が見つからず経過を見ているうちに、仕事にも行けなくなり、うつ病と診断された人もいます。気になる症状があらわれた場合は、早めに精神科を受診することが大切です。どのタイミングで受診すべきか迷ってしまう人も多いと思いますが、生活に支障が出るほどの落ち込みやイライラが続いた場合は心療内科を受診してみましょう。また、趣味への意欲がなくなり興味がなくなったと感じたときも注意が必要です。意欲の低下は、食欲・睡眠・性欲に大きく影響を与えるので、眠れない、食事の量が減ったなどの症状が続く場合や、体に痛みを感じているのに内科では異常がないと言われたといった場合も精神科を受診するタイミングになります。そして、絶対に見逃してはいけないタイミングは死にたいという気持ちになった時です。死にたくなった時にはうつ病の症状が相当重くなっている可能性が高いです。死にたい感情が出てきたときには迷わず病院に行きましょう。うつ病になると、心と体にさまざまな症状があらわれます。心の病と言っても、体の病気と同じように、治療せずに放置しておくと徐々に症状が悪化していきます。ですから、症状が軽いうちに気づき、治療をはじめることが大切です。少しでも気になる症状が続く場合や、内科などでは異常がないと診断されたのに不調が続く場合は、速やかに精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

うつ病の傾向があるなら

レディ

ストレスによりうつ病の傾向があると思ったら、まず簡易診断を受けてみましょう。10個の質問に答えるだけなので、とても簡単に結果を知ること出来、もし傾向があると判断された場合は病院へ行きましょう。

More...

病院選びのポイント

相談

うつ病かもしれないと思ったら、医師との相性と通いやすさを重視して病院を選び、受診しましょう。うつ病の診断ができる精神科医がいる精神科や心療内科のある病院を選ぶということも大切です。症状が軽いうちに受診の決断をするようにしましょう。

More...

うつ病の診断

病院

うつ病の診断としては、憂鬱な気分の状態が長時間持続しているかどうかを目安にしています。本人の性格や症状が出ている期間の長さなどを医師から尋ねられることになります。

More...

うつ病の治療方法を知る

男の人

うつ病だと診断されたら、医師から提案された方法で治療を進めていくでしょう。薬を使ったり、入院をしたりすることもあります。また、どんな方法であっても長期間続けていくことになるので、じっくり焦らずに治療を受けることが大事なります。

More...