うつ病のような傾向があるなら一度診断を受けるべし【症状とは】

病院選びのポイント

相談

自分に合った病院

うつ病は他の病気に比べると病院に行くタイミングを逃してしまいがちな病気です。身体症状がうつ病からくるものだと判断できなかったり、この程度の軽い症状で病院などへ行って良いのだろうかと迷ったりして、病院に行くのをためらってしまうからです。しかし、うつ病も他の病気と同様、放っておくと病状が進行して治りにくくなってしまいます。手遅れになるよりは、早期に手を打つことが大切です。少しでも気になる症状が続く場合は、ためらわずに病院を受診しましょう。そこで悩むのが病院の選び方ですが、選ぶ際に一番大切なのは医師との相性です。うつ病の診断や治療にはある程度の時間が必要です。長い付き合いになることが多いので、主治医の雰囲気や話し方が自分に合うかどうかということはとても大切だと言えるでしょう。話しやすい雰囲気を作ってくれる医師だと心を開いて話ができますし、質問もしやすいのではないでしょうか。また、いきなりたくさんの薬の処方はせず、患者に合うよう様子を見ながら調整して処方してくれる医師だと信頼できます。病状について納得のいく説明をしてくれて、こちらの質問にも丁寧に答えてくれる医師かどうかということも大切です。うつ病克服には医師との信頼関係が最も大切です。自分と相性の良い医師となら、治療にも前向きに取り組めるのではないでしょうか。通える範囲で選ぶというのも大切なポイントとなります。1度きりの通院ではうつ病とは診断できませんし、治療には時間がかかることが多いのである程度の期間は通院することになります。いくら評判が良いからと言って、遠い病院に通い始めても完治まで通院できなければ意味がありません。通える範囲で病院を探しましょう。うつ病はどの医師でも診断ができるというわけではありません。うつ病の診断ができるのは、精神科や心療内科の精神科医だけです。かなりの経験を積んだ精神科医でも診断を確定するのは難しいと言われています。「うつ状態」だということはすぐに分かっても、それが何の病気からくるものなのかを断定するのは難しいからです。さらに適切な薬の処方やカウンセリングなどで治療するということになると専門である精神科医にしかできません。病院を選ぶ際には精神科医のいる精神科や心療内科のある病院を選ぶようにしましょう。うつ病かもしれないと思い、病院を受診して見ようと決断しても、病院選びは難しいものです。あらゆる方法を用いて、情報収集し、自分の判断で選ぶようにしましょう。うつ病の病状が進行してからでは、自分で探すことも、判断することも負担になりますので、症状が軽いうちに受診の決断をすることが大切です。